運転業務委託・ハイヤー・運転代行ってどう違う?

ハイヤー、運転代行、運転業務委託など耳にしたことはありますよね?ハイヤー、運転代行、運転業務委託にどんな違いがあるか知っている方は実は少ないのではないでしょうか?
運転業務委託もハイヤーも運転代行も、いずれもお客様を目的地に車で送り届ける仕事です。しかし、サービス形態や料金体系、使用車両が違います。運転業務委託もハイヤーも運転代行の事業を管轄している監督官庁もちがいます。

運転業務委託・ハイヤー・運転代行の監督官庁

  • 運転業務委託…派遣の場合は厚生労働省
  • ハイヤー…国土交通省
  • 運転代行…都道府県の公安委員会

それぞれが具体的にどう違うのか検討していきましょう。

運転業務委託・ハイヤー・運転代行の違い

運転業務委託

運転業務委託には特殊車両や地方自治体の福祉車両などの委託や企業の役員車や官公庁の公用車の運転のため運転手として運転業務を委託されることです。
委託された運転手の一日はお客さまのスケジュールによって決まります。
稼動時間は、会社もしくは官庁の始業時間から終業時間までです。時間外は残業となり、基本給に加算され運転手の収入となります。運転手はスムーズな運転技術と守秘義務、礼儀などを身に付けた役員運転手があたります。
業務委託は請負側との契約で成立し、契約期間は概ね一年となっていて、更新も可能です。

ハイヤー

ハイヤーは、自社に役員車の用意がなかったり使えなかったり、その他の場合でも、大切なお客さまの送迎につかわれます。営業スタイルとしては、車両と運転者を貸し切るというかたちをとっていますので、車両のみ貸し出すとか運転者のみ貸し出すということはありません。
営業時間は、出庫~乗車~降車~帰庫までです。この一連の動きが料金となります。タクシーと同様に料金メーターがついておりますが、お客様から見えない下の方にあります。
ハイヤーに使用される車両は、国産高級車がほとんどで、運転手も特別な教育を受けたドライバーがあたりますので、安心して質の高いサービスが受けられます。
このサービスは完全予約制ですので、事前に予約しておくのが良いでしょう。

運転代行

運転代行サービスは1980年に酒どころの秋田が発祥地とも言われているが、公共交通機関があまり発達していない郊外で普及したサービスです。
運転者が運転ができない、もしくはしたくない場合、運転代行を頼みます。二人一組で行動し、一人はお客さまのクルマを、お客様を乗せて運転し、もう一人は自分たちが乗ってきた車でお客様の車の後に従い、目的地に着いたら、その車で帰るという仕組みになっています。料金は乗車から降車までに代行サービス料を加算して算出されます。

まとめ

運転業務委託・ハイヤー・運転代行はそれぞれに特徴があります。それぞれの利点を把握し用途に応じて利用するのが賢い方法でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です